避妊の悩みを解消してくれるピル薬の頼もしさを知る

飲み忘れると厄介

女性の間で、今の時代は気軽に服用されるようになってきた低用量ピルですが、このピルを継続して服用することにより、体にはさまざまな変化が出てきます。

ピルを継続して飲み続けることにより卵巣に働きかけて、排卵を止めることは周知のことでしょうが、肌にハリと潤いを与え、ニキビや肌トラブルの治療として使われ、体毛を薄くし、乳房が大きくなったり、各種ガンなどの予防にも効果があります。

継続して薬を服用していることで、肌の調子が良くなるために、化粧ノリも良くなり、ツヤのある肌やボディラインなど、自分に自信が持てるようになったと言う人もいるくらいです。

おしゃれやメイクが楽しくなり、今では毎日が180度変わったと言う人もいます。

こうして肌だけでなく、さまざまな観点から自分自身に自信を持つことができるようになり、低用量ピルを上手に活用し、継続服用することで、気がつけば強くなっていた、ということも多いにあり得ると思います。

人間的に自分に自信を持ち、成長できることは、この継続服用の何よりのメリットかもしれません。

ピルは継続して飲むことが望ましく、飲み忘れると少し厄介ですが、こうした思わぬ効果もあることを、忘れないようにしたいものです。

ダイエットの効果もあると言われている

避妊を意識していたのに、膣外射精に失敗したとか、コンドームが破損していた事を性交後に知る場合があるでしょう。
その他にも、レイプされてしまい妊娠の不安に怯える女性もいる時代です。
このような場合は、緊急事態ですので、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)が使用されています。
事件性のある性交で、妊娠を回避するのは稀として、大概は計画避妊の為にピルは使用されています。
妊娠の陰性・陽性を待たずして、緊急対処する為にピルを使用するので、事後ピルと言われているほどです。

95パーセントの避妊効果

一般的な緊急避妊薬は、性行為後24時間以内に服用すれば95%の避妊効果があります。
性行為後72時間になると、避妊効果は75%の確率になり、服用が早ければ早いほど、妊娠回避率が高くなっています。
緊急避妊薬が体内でどのように作用し、妊娠を回避しているのかと言うと、卵子の受精や受精卵の着床を妨害しているのです。
緊急避妊薬には、アイピル・ポスティノール2・ピル72などの、海外医薬品を通信販売サイトで探す事ができます。
避妊薬やピルに共通して含まれている成分は、レボノルゲストレルであり、妊娠を回避する為の有効成分なのです。
排卵抑制の働きがモーニングアフターピルにはありますので、望まない妊娠を大幅に回避する事ができるでしょう。

避妊ミスをなくす緊急ピルの威力とは

妊娠しやすい時期に避妊ミスをし、緊急避妊ピルは使えば?
避妊の為にコンドームを使用していたのに、外れてしまったり、破れてしまった場合は、妊娠を回避する手段が必要です。
普段、あってはならない事ですが、レイプ事件に遭遇してしまうと、特に妊娠を回避しなければ悲劇につながります。
思わず事態に備えて、妊娠を回避するには、緊急避妊ピルが使われています。
緊急避妊ピルは、緊急と言うだけあって、早い対応をした方が高い避妊効果を期待できるのです。
たとえば、セックスをした直後に服用した人は、セックスをして12時間経過している人よりも、妊娠の回避率は高い訳です。
緊急避妊ピルは、安全性と有効性について、認められていますが、100%の避妊効果があるとは言えません。

緊急事態にサポートする

しかし、おおよそ75%の避妊効果があると思うだけでも、緊急事態には頼り甲斐がある方法なのです。
何故、100%の避妊率と言えないかと言うと、妊娠しやすい体調の時に、安易なセックスをしてしまう人がいるからです。
そのような場合でも、まったく避妊効果がないわけではなく、セックス後12時間以内の服用なら、失敗率は0.5%程度です。
また、もっと服用が遅れて、72時間後に服用した人の場合なら、4%の失敗率と言う結果です。
このように、妊娠しやすい時期に、無防備なセックスをした人を含めて上での、避妊回避率が75%だと言うわけです。
つまり、緊急避妊ピルを使えば、必ず避妊に成功すると言う確約はありませんが、あくまでも女性の体調にも関係しているのです。
緊急避妊ピルの説明書を、しっかりと読み、プラノバールであるなら、必ず2回目も服用し、避妊効果を維持してください。